釣り老師のご褒美の、取得コストと収支

 
おはようございます。ずごっくです。
 
早速、昨日の続きをいってみましょう!
昨日は釣り老師のご褒美で、1,360万ゴールド の収入があったという事がわかりました。
この取得コストを考えたのですが、もうこれしかないですよね。
 
釣りざおとルアー
これは完全に取得コストでしょ!
 
と思ったのはいいのですが、、、
前々から書いている通りでして、、、
わたしの日々の帳簿では、支出を管理していません、、、
今更わかんないぞ、、、と思いながら冒険者の広場を眺めていたところ、、、
 

 
( ´・ω・) ん?
 

 
(; ・`д・´) あっ!
その手があったか!

 
なんて事はないw
ここにバザーの売買履歴が残っていましたw
 
早速ここからデータを取りまして、釣りざおとルアーの購入データを集計しました!
ただずごっくに関しては、全体の取引量が多く、11月14日からのデータが完全には残っていませんでした。
この為、一部概算金額が入っております事をご承知おき頂ければと思います。
 
また12月頃には、闇の釣りざお改を製造販売していたのですが、これは自家消費をしていません。
わたしには、商品には手を出さないというポリシーがありましてねw
また、それをやってしまうと損益計算も正確にできなくなりますからね。
つまり自分で作っていながら、まったく同じ商品をバザーで買っていた事もあるという事です。
いいのか悪いのかはよくわかりませんw
 
それでは、集計結果です。
 

 
3キャラの購入金額合計は、422万ゴールド でした。
またそれぞれのキャラが釣りざおとルアーのセットで、1回当りだいたい11万~13万ゴールド程度の支出がある事がわかりました。
これは今まで購入してきたわたしの記憶や感覚と比較してみても、まぁだいたいそのくらいだろうなーと思います。
 
具体的に何を買ったのかという事は、今回の記事では割愛いたします。
それを書き始めるとまた長くなりますので、、、
 
これはもう収支の計算に移りたいと思います。
 

 
1点だけ補足です。
昨日の収入額の一覧表は、内訳の金額がわかりづらかったので、今日の一覧表で修正しました。
 
3キャラ合計で、937万ゴールド 稼ぎましたという結果です。
大きいですねー
釣りざおとルアーの購入費用を差し引いても、これだけのゴールドを稼いでいます。
 
 
・・・
 
 
ある事にお気づきになりませんでしょうか?
そう、ずごっくです。
 
なんと! 赤字 です!
 
しかも昨日書いた通り、この釣りコンテンツには、リアルマネーを投入しています。
つまり、リアルマネーを投入しているにも関わらず赤字 という事になってしまうのです!
 
昨日冒頭で書きました、「意外な事実に少し混乱した」というのは、正にこれです。
これはちょっと、、、ゲーム設計としておかしいんじゃないか?と思いまして、いろいろ考えました。
 
この釣りコンテンツで稼げるゴールドといえば、おさかなコインで交換したアイテムの販売ですね。
これはもう、すぐに調べました。
このリストと相場比較の一覧表がこちらです。
 

 
CPというのは、コストパフォーマンスの事です。
こういう計算になります。
 
バザー相場 ÷ 交換枚数 = おさかなコイン1枚当たりで稼げるゴールド
 
これは既に先週18日からの連休中に、バザーで売買をし、実際に試してみました。
具体的なデータは取っていませんので、わたしの感覚になってしまうのですが、総じて言える事は、市場流動性が悪い! という事です。
上図を一見すると、「炎の釣り伝説・第1巻」あたりは、すごく稼げるように思うのですが、とにかく動かない!
レシピはほぼ全滅と考えていいと思います。
 
これに比べると調理職人の食材は、比較的流動性は良いのですが、CPがそれ程高くない!
おそらくバトルグランプリがあるような時には、けっこう動きも良く稼げるんでしょうね。
他にもいろいろ試してみましたが、サクッと稼げるようなアイテムは皆無と言っていいと思います。
 
なんかあるのかなー、、、
調査期間も短くて、これ!といった手法は見つかりませんでした。
そもそもおさかなコインって意識していないと、そのまま放置って事が多いのではないでしょうか。
わたしは3キャラ全てが、100万枚前後放置したままになっています。
 
つまり釣りというコンテンツは、恒常的な赤字体質 だという事になってしまうのです。
 
そうです。
こういう結論になってしまうのです。
 
釣り老師のご褒美とは、この赤字補てんに他ならない!
 
そう考えると、昨日の「もらえるゴールド多すぎない?」という違和感も、スッキリ納得できてしまいます。
 
その後のずごっくの収支ですが、先日3月1日のバージョンアップで追加された「ビッグサイズ60種類」のご褒美、200万ゴールド を頂きました。
これで充分赤字の補てんはできました。
 
これもスクエニさん、この場合運営さんかな、その立場に立てば、相場とプレイヤーの収支をよく見てるという事は言えると思います。
そして、打つべき手は打っていると言ってもいいと思います。
その意味では少し安心したというのが率直な感想ですかね。
 
しかし、ずっと続けていれば 赤字のタレ流し になってしまう事も充分あり得るという事ですね。
実際にずごっくは約4ヶ月間の収支が赤字だったわけですから。
 
釣りが好きでやっているなら、それはそれでいいんですよ。
それを言い始めたら、装備購入費用は大赤字 って事になってしまうんですから。
ただわたしの場合、明らかに金策としてやってるわけで、その目的の場合はやはり赤字はマズいわけです。
 
自分でできる対策として今思いつくのは、おさかなコインをこまめにアイテムと交換し、ゴールドに変えていく事くらいしかないですかね、、、
こちらの方が本来の収入と考えるべき事ですからね。
それはそれで、けっこうめんどくさい (T_T)
 
いずれにしろ、この先どのような追加のご褒美があるのかはわかりません。
こうやって数字を見ながらあれこれ考えてくると、やはりこの釣り老師のご褒美に関する収支は、運営さんの匙加減を待つという要素が大きい為、あくまでも 臨時収入 の域を出ないと言わざるを得ないわけです。
釣りそのものをどうするのかも、少し考えないといけないのかもしれません。
 
それではここまでを踏まえて、釣り老師のご褒美の収支を、全体の収支に含めていきましょう。
 

 
23% 、、、
スライムレースも含めた臨時収入は、33.4% 、、、
今後自分の意思でどうにもできない、極論すれば あまりあてにならない収入 の比率が大きいですよね、、、
 
うーん
現時点ではどう考えていいのか、よくわからない状態です。
これはちょっとよくよく考えていかないといけませんね。
 
さぁ! これで残りは、8.3% となりました!
明日一気に残りの内訳の記事をアップしたいと思います!
 
 
明日へつづく・・・
 
 

コメント

  1. ずごっく より:

    その情報ナイスです!
    つまり、マグログランプリ前後の釣りブームの影響で、ここ最近は相場が崩れてるという事になりますね。
    ・・・さては1年半前、稼いでたなw
    ちょっとデータ取りに疲れ始めてますw
    > 釣り交換アイテムの1年半前くらいの相場はペッパー、ソルト630前後、Sスキン980前後
    > とゆー私の記憶データが(笑)
    > 日々データ解析がすごくて本当に楽しみです(๑>◡<๑)

  2. もなか より:

    釣り交換アイテムの1年半前くらいの相場はペッパー、ソルト630前後、Sスキン980前後
    とゆー私の記憶データが(笑)
    日々データ解析がすごくて本当に楽しみです(๑>◡<๑)

タイトルとURLをコピーしました