釣り老師のご褒美の収入

 
おはようございます。ずごっくです。
 
今週は脱線しないで、一気にいきます!w
早速、昨日の続きを書いていきたいと思います!
 
今日は、釣り老師のご褒美 についてですが、いろいろ計算してみたところ意外な事実が判明し、どう考えていいのか少し混乱しました。
そしてこれに関しては、収支の金額も大きく、更に リアルマネー が絡んできますので、今日と明日の二回に分けて少しじっくり書いていきたいと思います。
 
まず「釣り老師のご褒美」というのは、こちらですね。
 

 
レンドア南におられます釣り老師様に話しかけると、釣ったサイズごとに、その釣った種類数に応じた様々なご褒美が頂けるのでございます。
直接ゴールドと関係するのは上図の通りでして、黄金の花びら ですね。
即店売り、1個当り、10万ゴールド というアイテムですね。
 
そもそもなぜこんなアイテムがあるかと言えば、それはもう完全にRMT業者対策なのでしょうね。
直接的にゴールドでのご褒美になってしまうと、RMT業者に利用されやすくなるという事だと思います。
そして上図をご覧頂いただけでも、ノーマル種65種類迄で 350万ゴールド ものご褒美を頂ける事がわかりますね!
 
これは3キャラ全てやらない手はないでしょ!
 
という事で、これも3キャラ分のご褒美を全てもらうべく毎日がんばりました。
正にこれが昨日書いた3キャラフル稼働の恩恵を、最も大きく受けたコンテンツになります。
 
が、正直、リアルマネー を投入しました。
 
RMTじゃないですよw こちらになりますね。
 

 
おなじみ、おでかけ便利ツールです。
この中にはたくさんのコンテンツがありますが、その中の のぞみの釣り堀 ですね。
ここでサイズ別の種類数を稼ぐのが、最も効率が良いと思います。
実際の画像がこちらです。
 

 
こちらはある日のサクランボの、のぞみの釣り堀の画像です。
まん中あたりの「マグロ」に、キングサイズの出現情報が出ています。
ここに出現情報が出ている場合、4匹中1匹は、必ずキングサイズが釣れます
左側にはこの日迄のマグロのサイズの実績が表示されており、ビッグサイズが最大という事がわかります。
 
こういう時は、キングサイズが釣れるまで続けます
ここで今までの実績を更新するような出現情報が出なかった場合は、下の方にあります「さかなを入れかえる」のボタンを押してしまいます。
このボタンはVer.3.5前期、つまりつい先日3月1日に追加されたボタンですね。
わたしのように釣りの目的が、サイズの種類数を稼ぐという目的の場合、たいへん重宝します。
 
で、ここからが問題なのですが、実はこの日、最後はこのようになりました。
 

 
出現情報のある マグロのみが残りました!w
出たよ!w って感じですねw
 
となりにリリウムの画像もありますが、実はこれ まったく同じ日の画像 です。
単に運が悪かっただけでは、なかなか2キャラそろって同じ日にこうはならないでしょw
実際どうか知りませんが、何らかの仕組みが働いていると考えるのが普通だと思います。
 
もちろんこんな日ばかりではないのですが、さすがにこれはもう「イヤらしいリアルマネーの稼ぎ方」と思われてもしょうがないですよねw
念の為もう一度書いておきますが、実際どうなのかは知りませんw
 
ただ現実問題、こういう事があったという事だけは、書いておきます。
ちなみにここに至る迄に、それぞれ150ジェムは使ってますかね。
ジェムの買い方にもよりますが、この日は 約300円投入 という事になります。
これは正直、あまりオススメできるような事ではないなー、と思ってしまいます。
 
この約300円を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれです。
リアルマネーを投入する事、その事自体が人それぞれ考え方は様々ですからね。
本人はやりたくても、奥さんに怒られるからやらないなんてのは、よく聞く話でしてw
それはもう、完全にオススメなどできませんw
 
(; ・`д・´) こんな世界に足を踏み入れたらダメだ!
 
ただネットであれこれ見ていると、主にこの便利ツールに関して、スクエニさんとRMT業者はやってる事が同じみたいな書き込みをよく見かけるのですが、それはいったい何を言ってるのか意味がわかりません、、、
スクエニさんは、自分達で開発、製品化したDQXというコンテンツを使て、正にリアルマネーを稼ぐ事業を行っているのであって、人のふんどしで稼ぐRMT業者とは根本的に違います。
そしてスクエニさんはNPO法人じゃないんだから、リアルマネーを稼いで何が悪い?というのがわたしの率直な意見です。
但しあまりあくどい事をしていれば、いずれお客さんが離れていくという、ただそれだけの事です。
上記のような事は「あくどい」という事になるのでしょうか?
それこそ人それぞれの感じ方は違うのでしょうね。
 
わたしは「ちょっと露骨、、、」と感じています。
これはわたしの推測ですが、そもそもの毎月の利用料金の設定が安すぎるんですよ。
3キャラコースで、月に1,000円くらいですよね。
それだけでこれだけのコンテンツ量を維持するのはおそらく不可能です。
従ってそれぞれのコンテンツに応じて、稼げる仕組みを組み込んでいるという事ですよね。
DQXショップなんかはその最たるもので、消費者の趣味趣向に応じて収入源を細分化しているわけだ。
これを一律徴収というような考え方で設定すると、単に毎月の利用料金が跳ね上がるだけの事だと思います。
それこそ不公平でしょ!
 
つまり基本利用料は安く幅広く利用してもらい、趣味趣向が色濃く出るコンテンツは追加料金で、という事ですよね。
良心的なやり方だと思います。
 
うーん、、、いいやw
 
こんな事書き続けても、しょうがないw
とにかくこれを利用するかしないかは、消費者の判断に委ねられてるわけで、皆さんそれぞれでご判断頂ければと思います。
 
わたしは全てわかった上で、それでも課金しました。
 
では、この釣り老師のご褒美に関する、収入額の一覧表です。
 

 
2点補足です。
まず、ビッグサイズ60種類に関しては、先日3月1日のバージョンアップで追加されました。
今回の集計期間は2月28日迄ですので、これは含めていません。
そしてずごっくに関してですが、昨年11月13日迄に既に取得済みだったものは計算から除外しています。
 
それにしても、、、1,360万ゴールド ですか、、、
 
改めてこうやって集計してみると、金額が大きいですね。
特にノーマルサイズ65種類は際立って大きい金額です。
ありがたい事ではあるのですが、実は実装当初から少し違和感を感じていました。
 
もらえるゴールド多すぎない?
 
こんなにもらえるコンテンツって、他にないですよね?
これはいったいどういう事なんだろうと、ずっとモヤモヤしていたのですが、その違和感はこの釣り老師のご褒美の取得コストを計算してみて、納得できたのです。
 
 
明日へつづく・・・
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました