必要経験値と特訓ポイント

 
つっきがぁー でった でぇーたぁー
つっきがぁー でたぁー あ よぉーいよい
 

 
おはようございます。ずごっくです。
 
今日はレベル上げに必要な経験値と特訓ポイントに関して、以前自分の理解の為にまとめた事を、備忘録代わりに記事にしておきます。
まず、わたしがよく利用する攻略サイトは、最大手のこのサイトです。
 
ドラクエ10極限攻略データベース
 
DQXに限らず、全てのドラクエシリーズの攻略といえばこれですよね。
もう辞書のように使っています。
レベル上げに関して、それぞれのレベル毎に必要な経験値はこちらをご覧ください。
 
レベルアップと必要経験値:基本職
 
データとしては非常に助かるのですが、これがどうもイメージできない。
そこで自分で作ったグラフがこれです。
 

 
レベルを上げるのに必要な経験値を、レベル毎にグラフにするとこのようになります。
ドラクエのようなRPGというのは、レベルが上がっていくにつれて必要経験値が増え、レベルが上げ辛くなっていきます。
こうしてグラフにすると、90前後からの必要経験値が異常に増えているのがよくわかります。
どんなRPGでもだいたいこの、y=x2みたいな形になりますね。
 
そしてこの必要経験値の中間を計算してみると、なんとLv87→88辺りだとわかりました。
つまりLv88になってやっとカンストに必要な経験値の半分を消化した事になるわけです。
 
となると、カンストを目指そうと思うと「無心でタコメット」では埒が明きません。
そこでわたしはカンストするまでに、メタキン、メタル迷宮はもちろんですが、はぐメタ持ち寄り、超試練買い、ドルイド狩りなどの、短時間で大量の経験値が得られるコンテンツをけっこうがんばりました。
玉給で50万くらいは稼げないと、なかなか思うようにレベルは上がりませんね。
 
また特訓に関しても、自分がどこまで稼いでいるのかわからなくなる為、こんな表を作りました。
 

 
昨日時点の特訓ポイントでまとめてみました。
こうしてみるとカンストまでの達成率が、53.72%という事がわかります。
まだ半分をちょっと超えたくらいですね。
 
がんばらないと。(=゚ω゚)ノ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました